プログラマ38の日記

主にプログラムメモです。

雑記: 繊細さん(HSP)の可能性が高い自分の傾向と対策

オリラジの中田さんのyoutube動画を見て繊細さん(HSP)という言葉を初めて聞きました。

 

動画を見たり、その他のWebサイトを見たりしてどうやら自分は繊細さんなんだろうなと感じました。

繊細さんの特徴と、自分の現在の傾向や対策をメモしておこうと思います。

 

自己肯定感が低い

これはほんとにその通りです。自分の強みとか、アピールの仕方とかわからないまま生きていくことになりそうです。小さいことからできたこと/できることを認めて行って自己肯定感をあげていこうとはしているんですがなかなか難しいです。無理せず気長に続けていこうと思っています。

 

他人に共感しやすい

共感するという言葉が当てはまるわけではないですが、この人はきっとここでつまずくだろうなとか頭をよぎるので、先にフォローするということをやりがちです。そして、それは自分を犠牲にすることが多い。

全体を通してうまくいくならここでの自分の負担は価値があるという判断をよくします。(そして、その自分が負担したということは自分しか知らないということになります)

やっかいな性格だなとずっと思っていましたが、中田さんの動画では"困ってそうな人を助けなくていい"と言っていてとても気に入りました。勝手に先読みはしないできちんと状況を見るということを大切にしようと思いました。

 

短時間にしなければならないことが多いとオロオロしてしまう

これは、ほんとにその通りで身につまされます。1つのやることに対して色々なことを考えてあれをやってこれをやってと忙しく考えてしまうのに、それが複数あるとすぐに混乱します。

さらに困るのが、1つのことに着手している時に、ふっと別のことについての考えが頭をよぎることが多いことです。そうするとさらにあれもこれもとなるので悪循環に陥っていきます。

やることを整理することが苦手なのと、ひとつひとつに落ち着いて取り組めない人間なんだと自分を分析していました。

最近は、ノートを使って思いついたことを書いて後で整理するというやり方を取るようになってだいぶ改善されました。

 

Depth Of Processing

物事を深く、複雑に考える癖がある。これはそうなんですが、プログラマという職業ではとてもメリットを感じています。1つの記載を様々な場合分けして考えることは得意で好きな工程です。

 

その他

自分は他の人と同じことをするのをひどく嫌がるようです。さすがに義務教育ではちゃんとできていましたが、それ以降はみんなで同じ時間に同じ演習をするなど非常に辛さを感じました。ループワークがほんとに辛いです。

みんなで同じことをできるようになることに意味があるのか?(数人がそれをできるなら、ほかの人は別のことをできるほうがいいんじゃないか)などと考えをめぐらせてしまいます。今までそれは自分に都合のいい甘えなんだろうなとうっすらと感じてきましたが、そういうことを考えやすい傾向を持っていると理解ができてよかったです。

 

最後に

現時点で自分が感じていることを色々書いてみました。HSPは病気ではないので治すことはできないもののようです。グ、自分の傾向を知って日々の生活に役立てたいなと思います。