プログラマ38の日記

主にプログラムメモです。

Salesforce:標準項目の選択リスト値をリリースする

標準項目の選択リスト値は今まで手動で行っていましたが、メタデータのデプロイでリリースができることを知ったのでメモとして残します。(API48時点での記載です)

 

メタデータの種類は「StandardValueSet」で、このメタデータは取得方法が他のメタデータと違います。
取得する場合は、次のヘルプから項目を選択することになります。

developer.salesforce.com

取得はAnt移行ツールが使いやすくretrieveタスクでのpackage.xmlの指定は次になります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<Package xmlns="http://soap.sforce.com/2006/04/metadata">
    <types>
        <members>AccountContactMultiRoles</members>
        <members>AccountContactRole</members>
        <members>AccountOwnership</members>
        <members>AccountRating</members>
        <members>AccountType</members>
        <members>AssetStatus</members>
        <members>CampaignMemberStatus</members>
        <members>CampaignStatus</members>
        <members>CampaignType</members>
        <members>CaseContactRole</members>
        <members>CaseOrigin</members>
        <members>CasePriority</members>
        <members>CaseReason</members>
        <members>CaseStatus</members>
        <members>CaseType</members>
        <members>ContactRole</members>
        <members>ContractContactRole</members>
        <members>ContractStatus</members>
        <members>EntitlementType</members>
        <members>EventSubject</members>
        <members>EventType</members>
        <members>FiscalYearPeriodName</members>
        <members>FiscalYearPeriodPrefix</members>
        <members>FiscalYearQuarterName</members>
        <members>FiscalYearQuarterPrefix</members>
        <members>IdeaCategory1</members>
        <members>IdeaMultiCategory</members>
        <members>IdeaStatus</members>
        <members>IdeaThemeStatus</members>
        <members>Industry</members>
        <members>LeadSource</members>
        <members>LeadStatus</members>
        <members>OpportunityCompetitor</members>
        <members>OpportunityStage</members>
        <members>OpportunityType</members>
        <members>OrderStatus</members>
        <members>OrderType</members>
        <members>PartnerRole</members>
        <members>Product2Family</members>
        <members>QuestionOrigin1</members>
        <members>QuickTextCategory</members>
        <members>QuickTextChannel</members>
        <members>QuoteStatus</members>
        <members>RoleInTerritory2</members>
        <members>SalesTeamRole</members>
        <members>Salutation</members>
        <members>ServiceContractApprovalStatus</members>
        <members>SocialPostClassification</members>
        <members>SocialPostEngagementLevel</members>
        <members>SocialPostReviewedStatus</members>
        <members>SolutionStatus</members>
        <members>TaskPriority</members>
        <members>TaskStatus</members>
        <members>TaskSubject</members>
        <members>TaskType</members>
        <members>WorkOrderLineItemStatus</members>
        <members>WorkOrderPriority</members>
        <members>WorkOrderStatus</members>
        <name>StandardValueSet</name>
    </types>
    <version>48.0</version>
</Package>

 

 上記以外にも次の標準項目の選択リスト値が取得できるようです。これ以外にも標準項目の選択リスト値は存在するのですが、どう指定すれば取得できるかわかりませんでした。

メタデータの指定 オブジェクト 項目
ラベル 名前 ラベル 項目
DigitalAssetStatus 納入商品 Asset DigitalAssetStatus DigitalAssetStatus
AssetRelationshipType 納入商品リレーション AssetRelationship リレーション種別 RelationshipType
ChannelProgramCategory チャネルプログラム項目 ChannelProgram カテゴリ Category
UnitOfMeasure ConsumptionSchedule ConsumptionSchedule 測定単位 UnitOfMeasure
ContactRequestReason 問い合わせ要求 ContactRequest 要求理由 RequestReason
ContactRequestStatus 問い合わせ要求 ContactRequest 要求の状況 Status
MilitaryService 個人 Individual 兵役 MilitaryService
PartnerFundRequestActivity パートナー資金リクエス PartnerFundRequest アクティビティ Activity
QuantityUnitOfMeasure 商品 Product2 基準数量単位 QuantityUnitOfMeasure
ScorecardMetricCategory スコアカード総計値項目 ScorecardMetric カテゴリ Category

 

最後に

今までリードの状況/商談のフェーズ/ケースの状況など、リリースできないと思っていて手動で色々設定していました。この「StandardValueSet」でのデプロイを行えば、取引の開始済み/確度/完了フラグ といったその標準項目専用の属性もリリースできるのでとても便利だなと思いました。