プログラマ38の日記

主にプログラムメモです。

Salesforce: レイアウト一覧とレイアウト項目一覧を表示するExcelマクロを作成しました

レイアウトに表示している項目を一覧にしたい時があります。

メタデータを分解する作業も意外と骨があるのでExcelマクロを作成しました。

レイアウトの項目のAPI名を取得することができます。

関連リストの項目も出しているのでちょっと便利かなと思います。(ですが、関連リストの項目は独特の形式のようです)

 ※このツールは、TLS1.1以上で通信する必要があり、Windows10や、TLS1.1以上を使うようにレジストリを変更したWindows7などで利用できます。

 

ダウンロードはこちら からになります。

 

機能としては

  • レイアウトの一覧を表示
  • レイアウト項目の一覧と関連リストの一覧を表示
  • ミニページレイアウトの項目と関連リストを表示

の2つで、それぞれ直接salesforceから一覧を取得します。

 

レイアウトの一覧を表示

マクロの操作感は次の通りです。(以前から作成しているマクロと同じです)

Salesforceの接続情報を指定
②通信設定を指定
③レイアウト一覧取得ボタンをクリック

f:id:crmprogrammer38:20180605084226p:plain

 

そうするとレイアウトの一覧が表示されます。

Metadata APIのlistMetadataの情報のため、ログインしたユーザがMetadata API

を使用できる必要があるのでご注意ください。

 

レイアウト項目の一覧を表示

レイアウト一覧で取得したレイアウトのfullNameがリンクとなっていて、そのリンクをクリックするとそのレイアウトの項目一覧が別シートで追加されます。


リンクをクリックすると、シートが追加されて項目一覧が表示されます。

f:id:crmprogrammer38:20180605084443p:plain

f:id:crmprogrammer38:20180620195657p:plainf:id:crmprogrammer38:20180620195747p:plain


最後に

いくつかVBAのプログラムを書いてきましたが、スパゲティ具合がひどいなーと思っています。作りたいマクロがひと段落したら関数などをつかって冗長な箇所をきれいにしたいなと思います。

 

が、一度作ったものを綺麗にするのは苦手です。