プログラマ38の日記

主にプログラムメモです。

【Salesforce】Communityの共有セットでのデータ共有で気をつけること

Communityで、Customer Communityというライセンスの時に気をつけることのメモです。(Customer Community Plus、Partner Communityは関係ありません)

 

  1. 共有ルールは使えず、共有セットを使う
  2. 1に伴い、Sharingのオブジェクトは使えない
  3. 1に伴い、共有セットの制限を越えたデータを見せるには、without sharing指定をしたVisualforce画面を作成する
  4. 1に伴い、共有セットの制限を越えた添付ファイルを見せるには、without sharing指定をしたVisualforce画面にbase64形式で出力する
  5. 所有者がCommunityユーザの場合、内部の共有ルールは適用されない

1. 共有ルールは使えず、共有セットを使う

SalesforceユーザとCommunityユーザのデータの共有は共有セットで行います。共有セットでは、ロール、公開グループ、ユーザを指定することができ、指定したロール、公開グループ、ユーザには、常にCommunityユーザのデータが見えます。(条件に応じて見せるということができません)

f:id:crmprogrammer38:20170821091018p:plain

2. 1に伴い、Sharingのオブジェクトは使えない

共有ルールが使えないので、Sharingのオブジェクトにレコードを作成することで共有させることができません。

3. 1に伴い、共有セットの制限を越えたデータを見せるには、without sharing指定をしたVisualforce画面を作成する

共有セットでは、最大で、ユーザから辿れる取引先と参照するレコードから辿れる取引先とが一致するレコードしか参照できません。

f:id:crmprogrammer38:20170821091621p:plain
上記を超えた範囲のデータを見せる業務の場合は、Visualforceで開発することになります。(例えば、基本はそれぞれの代理店内のデータを見せるように共有セットを指定しているが、代理店を統括する代理店には、統括下のデータを見せるなどが考えられます)

あえて、without sharingのキーワードを入れましたが、classに何も指定しなければwithout sharingがデフォルトです。そして、Visualforce画面ではデータのセキュリティを個別に実装する必要になります。仮にURLパラメータでIDを直打ちされたとしても、参照できるデータのみ見せるような制御が必要です。

4. 1に伴い、共有セットの制限を越えた添付ファイルを見せるには、without sharing指定をしたVisualforce画面にbase64形式で出力する

通常の"/servlet/servlet.FileDownload?file=AttachmentのID"を使うと共有セットの範囲を超えた添付ファイルでは参照権限のエラーとなります。

そこでコントローラ側で工夫が必要になります。例えば画像ファイルを見せたい場合は、コントローラ側で添付ファイルをbase64文字列に変換して、img タグに直接文字列を指定します
「<img src="data:image/png:base64,xxxxx..." />」
バイナリファイルをダウンロードさせたい場合は、コントローラ側で添付ファイルをbase64に変換した値をVisualforceに書き出しておき、JavaScriptのFileWriterなどで保存させるような作りにします。(これ以外のやり方だとコピーして参照可能なレコードを作成することになりますが、このコピーしたデータを定期的に削除するような仕組みが必要です)こちらも3と同様に仮にURLパラメータでIDを直打ちされたとしても、参照できるデータのみ見せるような制御が必要です。

5. 所有者がCommunityユーザの場合、内部の共有ルールは適用されない

Communityのデータと、内部の共有ルールを組み合わせて運用したい場合があります。例えば、Communityのデータで指定された選択リストの値に応じて参照できる部門を変えたい場合などがあると思います。

この場合は、所有者がCommunityユーザのままでは、共有ルールの仕組みが動かないため、データ作成時に所有者を変更することで解決します。
気をつける点として、所有者はデータ作成時に変更されてしまうため共有セットでの指定で所有者が使えません。ですので、別に取引先または取引先責任者の別項目を設けて共有セットはその別項目で指定します。そして、データ作成時に、その別項目にユーザの取引先や取引先責任者の情報を保持する処理が必要です。