読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

crmprogrammer38の日記

プログラマのメモ

【TERADATA】 JDBCのFASTLOADモードを使おう

TERADATA12頃から、JDBCでFASTLOADモードが追加されています。

 

 

crmprogrammer38.hatenablog.com

前回TERADATAにJDBCを使ってデータをいれるときは、addBatchを使ってまとめて登録した方が早いということを書きましたが、FASTLOADモードは同じような書き方でさらに高速でデータをロードできます。

 

FASTLOADモードのポイントとしては、

JDBCのURLパラメータにTYPE=FASTLOADを指定する

・通常のFASTLOADと同様にエラーテーブル2つが作成される

・通常のFASTLOADと同様に空テーブルのみロード可能

JDBCのsetAutoCommitはfalseにする。

・commitするのは最後の1回、途中でのcommitはしない

・使える文字コードは限定されている(V13では、KANJISJIS_0SとUTF-8がサポートされているので充分と思うけど)

 

サンプルとしては次のようになる

 

    //接続先を用意
    String url = "jdbc:teradata://sampleip/CHARSET=UTF8,DATABASE=sampledb,TMODE=ANSI,TYPE=FASTLOAD";
    Driver driver = (Driver)Class.forName("com.ncr.teradata.TeraDriver").newInstance();
	
    Properties loginInfo = new Properties();
    loginInfo.setProperty("user", "sampleusername");
    loginInfo.setProperty("password", "samplepassword");
	
    connection = driver.connect(url,loginInfo);
    connection.setAutoCommit(false);
    
    PreparedStatement insertStatement = 
      connection.prepareStatement("insert into sampletable (col1,col2,col3) values (?,?,?)");
    
    for(int i=0; i< 10000; i++){
        insertStatement.setString("col1" + i);
        insertStatement.setString("col2" + i);
        insertStatement.setString("col3" + i);
        
        insertStatement.addBatch();
    }
    
    insertStatement.executeBatch();
    connectionInsert.commit();