crmprogrammer38の日記

主にDWHやSalesforceのプログラムメモです。

SQL

【SQL】Window関数を理解できた時の思い出2

SQL

前の続きです。 crmprogrammer38.hatenablog.com Window関数では、Windowの中で並び替えをした順番に各行で計算する仕組みがあります。例としては累計の計算になります。(BIツールで、ランニングサムの名称がついていたりします) 以下の年別累計の項目は、…

【SQL】Window関数を理解できた時の思い出

SQL

はじめてのデータベースは、Oracle8でした。 その時はWindow関数自体なく、検索条件と結合条件を入り混じるSQLを書いていました。 その後Oracle9になって、SQLも変化していましたが、Window関数とは距離を置いていました。あまり使う必要性を感じなかったの…

【SQL】よくやってしまう間違い(割り算や型変換)

SQL

気を抜くとすぐ忘れてしまうのでメモ。(メモしたから忘れないわけではないですが) 書き方の例でnullif関数を使っていますが、適宜データベースで用意されている関数に置き換えが必要です。 SQLの割り算では分母が0の時はnullに変換する 0除算エラーの対策…

【SQL】縦横変換で気をつけていること

SQL

SQLで縦持ちから横持ちへ変換、横持ちから縦持ちの変換を行うことは多いと思います。 横持ちから縦持ちへの変換は、union all を使うことで実現ができ、union allはどのデータベースでも使えるので困ることは特にありません。 ですが、縦持ちから横持ちへの…

【SQL】MS-ACCESSで、結合条件で大文字・小文字を区別する

SQL

MS-ACCESSの結合は、通常では大文字・小文字の区別がありません。たまに、大文字・小文字を区別して結合をしたい時があります。例えば、Salesforceの15桁のSalesforceIDで結合する場合などです。 そんな時には、「strcomp(項目1, 項目2, 0) = 0 」を使うこ…