プログラマ38の日記

主にプログラムメモです。

Lightning

Salesforce:Lightning 背景/文字/枠線のグレイ(Gray)の色

Lightning Componentで画面を作る際に、文字の色、背景の色、枠線の色へグレイを指定する際に、あらかじめclassが用意されています。 文字の色 slds-color__text_gray-1 から slds-color__text_gray-12 まで指定できます。次が表示した時の色合いです。 slds…

Salesforce:Lightning タブを作成しないで、Lightning ComponentにURLでアクセスする

Visualforceの場合、 /apex/[VisualforceのAPI名] を使うことで直接Visualforceページの表示が可能です。Lightning Componentで同じような表示をするには、 /lightning/cmp/c__[Lightning ComponentのAPI名] となります。そして次のように、Lightning Compon…

Salesforce: Lightningレコードページの割り当てをリリースする

結論として、Lightningレコードページの割り当てをリリースするには、「オブジェクト」「Lightning アプリケーション」をリリースする必要があります。 メタデータでLightningレコードページの割り当てがどこに記載されているかを確認したところ、オブジェク…

Salesforce: Lightning Lightning レコードページの設定

Lightning レコードページ を使うことでレイアウトの配置がさらに細かく指定できます。 配置では次をよく使います。 指定できるもの 内容 強調表示パネル ヘッダとボタン パス パスを設定した場合のパス表示 レコードの詳細 レコードの詳細ページ(ページレ…

Salesforce: Lightning ページレイアウトの設定

Lightningでのページレイアウトは、今まで通りのページレイアウトの指定と、Lightningレコードページで指定します。 今まで通りのページレイアウトの指定では次のような画面表示となります。 [詳細タブ] [関連タブ] ① コンパクトレイアウトで指定した項目の…

Salesforce: Lightning オブジェクトの設定

Lightningではオブジェクトマネージャで、標準オブジェクトでも、カスタムオブジェクトもまとめて一覧表示する仕組みが追加されています。 LightningでもClassicでも、オブジェクトの作成と項目の追加に変更はありませんでした。が、Lightningレコードページ…

Salesforce: Lightning experience を勉強したいと思いました

SalesforceのLightning Experienceに対して、見た目がかっこいいとか、カスタムボタンが使えないとかそれぐらいのイメージしか持っていませんでした。 (後、基本的にいやなのが、動作が遅かったり、Lightningの設定画面だけでは全ての設定ができないという…